Living Anywhere Week in 館山でのイベント

こんばんは。
アルコの沖です。

5月9日~11日まではLiving Anywhere week(※参考)のコンテンツ企画側として、館山市の自然環境を地域ネタとして捉えた際のイノベーションを行いました。

自然環境は①里、②海、③山の3種類に大きく分けて、各項目では以下の視点でそれぞれのコンテンツを作りました。

①里・・・海と山を繋ぐ場所。人の生活の場としての自然との関わり。

野鳥の森から里を望む

②海・・・自然資源の出口。資源の溜まり場になるとともに、ゴミ問題等の課題も多い。

沖ノ島は観光と環境保全のバランスが課題

③山・・・自然資源の入口。放置された自然資源は、山から溢れ出して獣害という「害」へ形を変えて人里へ降りてきている。

山の中にはイノシシの掘り返し跡が

それぞれの項目は、1日で完結し、午前中に実際の自然を体験するパート、夕方にそれらの自然を利活用・保全するためのアイデアソンを行うパートとして分けました。

アイデアソンでは、参加者の方がそれぞれ別々の方向性の仕事をしていることもあり、多様なアイデアが出ました。自分ひとりで考えても出て来ないようなアイデアばかりいただき、とても参考になりました。

いただいたアイデアは、整理して今後共有したいと思います。

(参考:Living Anywhere Week in 館山)
https://www.facebook.com/events/331752010870566/

コメント


認証コード5441

コメントは管理者の承認後に表示されます。